2012年01月28日

自社の強み 自社の強み

Unique Selling Propositionの頭文字ですが、日本語に訳すと「自社の強み」となります。つまり、自社が他社に対して持っている強みのことです。それを意識的に明確にすることが、現代のマーケティングを制することになるのです。USPが明確であれば、価格を下げることなく売り上げを確保することができます。商品の付加価値を高めることで優位に立とうとしてきたのです。企業のマーケティングにおいてどのようなことが重要視されるのでしょうか。

もちろん、漠然としたUSPの考え方はありました。自社の商品にそれだけの価値を与えることなのです。USPを確実にするには他社がまねのできないことを持っていることや、消費者に対して魅力を持っていることが重要です。インターネットの普及により、マーケティングの方法は複雑になってきました。この時にUSPを考えるのです。

マーケティングにおいては自社ブランドの商品をどのように売り出していくかが重要となります。他社との違いや強みをどこに持たせるのかを考えていくと言うことです。USPの考え方はまだ多くの企業で明確には意識されていません。あなたはUSPと言う言葉を聞いたことがありますか。近年になり、言葉として出てきたのです。

旧態依然としたマーケティングは通用しなくなっているのです。もちろん、USPを確実なものにすることは容易ではありません。営業戦略を最初から明確にしておかなければなりません。行き当たりばったりのマーケティングではだめなのです。USPを持っていれば、他社に対して優位に立つことができると考えられます。

 


シングルマザー Happy Life

ネットワークビジネス ランキング

ネットワークビジネス 失敗は成功のもと

在宅ワークはネットワークビジネスで決まり

月刊ネットワークビジネス

posted by NWビジネス成功人 at 18:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。