2012年03月05日

「敬語」の重要性

言葉についても「言葉遣い」と言うように、相手への配慮が必要なのです。ビジネスシーンでは、それに適した言葉遣いがあって、その最たるものが「敬語」です。聞き手などを高めるために、話し手が思いやりを込めて表現するのが「敬語」です。話の内容が正しいとしても、思いやりの心が欠けていたり、正しい言葉遣いができていなかったりすれば、社会人として一人前とは言えないと判断されるでしょう。つまり、言葉遣いを選んで話しているのです。

このように、同じ内容のことを言うにしても、相手や状況によって、言い方を変えて話していますよね。ビジネスマンにとって正しい敬語を使うことは、周囲の人との人間関係を作り上げるための基本でしょう。一方、後者は敬語を使用しており、目上の人や初対面の人、顧客などに対する丁寧な言葉遣いです。また、信頼感を高めるための重要なビジネスマナーであって、あなたの人格や教養を示すバロメーターでもあるのです。ところが、受ける印象は全く違います。

「ちょっと待ってて」と「少々お待ちください」という2つの応対の意味は同じです。それでは、敬語の基本的なルール、正しい使い方や注意点、重要性を説明します。自己啓発に取り組もうとしている人は役立ててください。敬語は社会における欠かすことのできないマナーなので、言葉遣いに自信のない人は、自己啓発が必要です。

正しく敬語を使うことができなければ、ビジネスマンとして信用されなくなるでしょう。前者は、家族や友人といった親しい人との間でプライベート時に使用する言葉遣いです。言葉というのは、直接的にその人を表現します。相手のことを思いながら気を配ることを、一般的に「心遣い」と言います。


ネットワークビジネス被害者にならないための9つの対策
9つの嘘から読み解くネットワークビジネスの真実
ネットワークビジネスニナファームジャポンの抗酸化酵素の威力!
ネットワークビジネスニューウェイズ驚きの勧誘方法
ネットワークビジネスで成功したい考え方はいたってシンプル
posted by NWビジネス成功人 at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。